花祭窯 藤吉 憲典 Fujiyoshi  Kensuke

「先人の残してくれた正しい形、基本の絵柄を継承すべき伝統とし、そのうえに自分がつくることの意味、オリジナリティ、アイデンティティを展開していきます」という理念の下、伝統工芸文化と現代のアートを繋ぐ仕事を展開されています。