伊藤 聡信 Itou Akinobu

常滑市で作陶。黄釉、青釉、白磁、土物の器は人気が高く、江戸時代から始まったとされる印判技法を施した上に、独特の赤、ピンク、黄色、緑で描かれたふんわりとした優しい絵が特徴です。食卓を楽しく彩り、変化し続ける器に沢山のファンが魅了されています。